アーカイブ

ファンデーションの色のバリエーションが多すぎて…!

高校でアメリカに留学したのですが、その時初めて化粧に興味を持ちました。日本の高校は高速で化粧が禁止されていたこともあり、きっと化粧が珍しかったんだと思います。

しかしさすがアメリカ、様々な人種が集まった国。ファンデーションには様々な色があるのですね…

日本ならば多くても5種類ほどのファンデーションの色ですが、アメリカには肌が極めて薄い色の白人さんから、黒人さんまで使えるようなバリエーションが揃っています。

私は日本人の中でも色が白い方なので、日本でファンデーションを選ぶ時は一番薄い色を選べば外れはありません。

しかしアメリカでは困ります… 一番薄い色はあくまで白人の人に合うような色なので、それが黄色人種の私に合うとは思えません。

しかし、それならいくつ目の薄さが良いのか、さっぱり分かりません 🙂

私が使っているファンデーションはアメリカ製なので、アメリカで買うと安いために(日本なら2000円くらいですが、アメリカなら10ドルもしません)つい買いだめをしてしまうのですが、毎回新しいシリーズが出ているため、毎回悩みます。

だって顔って多少日焼けもしていますし、手の甲に塗って試すわけにもいかないですし 🙂

幸いアメリカでは、例え開封済みであっても商品が合わない場合は返品ができます。

私がファンデーションを購入した薬局は、開封していあるなら90日、開封していなければ180日間返品ができるというびっくりな薬局でした。日本なら開封済みでも返品できるなんてあり得ないですよね…

だから日本だと余計に慎重になるのかもしれません。昨年の夏にアメリカで新しいファンデーションを買った時は、色が合わなさ過ぎて一度返品しました。

返品する際は特に理由も効かれないし、「返品します」「はーい」で終わりますからありがたいです。

色が合わないファンデーションは化粧がうまく完成しません。

首筋と色が違えば逆に恥ずかしい… そのため肌にしっかり合った色のファンデーションを選びたいものです。

ファンデーションやスキンケアのことはこのサイトが参考になりますよ! 50代ファンデーション.net

 

No comments